SKILL

スタジオMOVEDOOR|兵庫県神戸三田の広報PR会社|WEBサイト制作や映像制作も
  1. HOME
  2. ブランド構築とは?

スキル一覧

ブランド構築とは?|兵庫県神戸三田の広報PR会社 スタジオMOVEDOOR

ブランド構築とは?

◎ブランドとは??

ブランド構築の話をする前に、
そもそもブランドとは何でしょうか?
   
「ブランドとは、自社のサービスや製品を識別、認識させて、他社と区別するための"名称、言葉、記号、シンボル、デザイン、思想、および、これらの組み合わせ"」と定義されています。
  
企業は、自社の製品&サービスを、他社と区別してPRするために、ブランドを構築します。
  
顧客や市場は、様々な製品&サービスから、自分が必要とするモノを、効率的かつ適切に選択するために、ブランドを識別します。
  
ブランドは、顧客と企業の共通認識から生まれます。企業が一方的につくれるものではなく、人々がそこに価値や信頼を見出すことで成立します。
  

画像1

◎ブランド構築とは??

顧客が、数ある企業の中で商品を選び、購入するのは、そのブランドに価値を見出せるからです。
  
つまり、ブランド構築とは、人々がその会社や商品を選ぶ、明確な理由をつくること。
  
では、ブランドを世の中に表明して、浸透させる、その価値と信頼を高めるためには、何が必要で、何をすべきなのでしょうか?
  

画像2

◎ブランド構築に必要なこと

①思想とアクション

ブランドを構築するには、「思想」と「アクション」の掛け算が必要です。
  
「思想」とは、、、
  
事業を通して、どんな社会をつくりたいか"ビジョン"を示すこと。あるいは、誰のどんな課題を解決したいのか、誰を応援して支えたいのか、事業の"ミッション"を示すこともあります。
  
「アクション」とは、、、
  
デザインや動画など、あらゆるクリエイティブを用いて、世の中にブランドの「思想」を表明すること。そして、あらゆる製品やサービス、企画を通して、思想を具体的に体現することです。

②共感と信頼

現代は、人々が「共感と信頼」を感じられるような「思想とアクション」が必要です。
  

画像3

  
良質なモノや情報が溢れかえる現代では、たとえ品質が良くても、価格が安くても、その他の大量の情報や商品の中に埋もれてしまいます。
  
また、ある人が自社の製品・サービスを選んでくれたとしても、他社が同じ品質の製品を、安く販売すれば、そちらが選ばれるでしょう。
  
やはり、人々に何度も選んでもらうには、ブランド価値を向上する必要があります。
  
ブランドの「思考とアクション」に、「共感と信頼」が集まることで、自社の商品を選び続け、応援してくれる「ファン」が増えるのです。
  
一方で、世の中の流れに重ねた、素晴らしい「思想」を持っていても、そこに具体的な「アクション」が伴わなければ、説得力を持ちません。
  
また、それらを映像やデザインを通して、発信する能力が無ければ、「思想」や「アクション」が正しく伝わり、拡がることはありません。
  

画像4

  
例えば、「スターバックス」は、くつろげる空間として、家でも職場でもない「サードプレイス」をつくることをビジョンとしています。
  
実際に、スターバックスは長時間滞在を禁止しておらず、本屋を併設した店舗もつくっています。
  
これらは総じて「くつろげる空間づくり」であり、まさに「サードプレイス」という思想を体現するアクションであると言えます。
  
また、くつろげる空間を求める人々は、「サードプレイス」という思想を体現するスターバックスに、信頼と共感を抱きます。
  
その結果、席の間隔が狭く、長時間滞在を禁止する、多くのカフェとの差別化が実現します。
  
このように、スターバックスは、思想とアクションによって、ブランドを構築して、根強いリピーターとファンを獲得しています。
  
もしも、回転率を上げるために長時間滞在を禁止したり、狭い空間に席数を増やせば、人々の信頼と共感を失うことになるのです。

③期待してもらうこと

期待してもらうことも、
ブランドにとって大事な要素です。
  
なぜなら、企業は現時点の利益だけでなく、これからの社会にどんな変化をもたらすのか、その期待の大きさによって価値が評価されるからです。
   
例えば、電気自動車で有名なテスラは、年間販売台数では、トヨタの30分の1程度ですが、2020年7月に時価総額2076億ドルを記録して、ついにトヨタを超えました。 
  
つまり、過去にどれだけの車を売ってきたか、過去にいかなるマーケティングで成功してきたか、そこに時価総額が寄っていないわけです。
  
テスラが提案しているのは「電気自動車のある暮らし」です。これからの未来や、その価値をいかに見せるか、そこに注力しているわけです。
  
『実態経済から期待経済へ』とよく言われますが、変化の早い時代には、過去の資産や実績よりも、未来に対して、どのようなチャレンジをしているのかが問われます。
  
前向きに挑戦し続ける姿勢こそ、人々の期待を生み、その企業の価値になっていくのです。
  
また、社会から期待を集めるには、世の中のニーズや、現代を取り巻く社会課題について、深く理解しておく必要があります。
  
その上で、企業の強みやリソースを、社会の流れに重ね合わせ、解決する姿勢が求められます。

◎MOVEDOORの強み

画像5

  
MOVEDOORには、企業と世の中の流れを重ねた、ブランド構築を通して、ブランド価値を向上して、事業成長を実現する自信があります。
  
その理由を、4つ説明いたします。

①世の中の流れに対する感度

平均年齢23歳の我々は、情報化社会の真っ只中に育ちました。これまでの常識にとらわれず、社会の動きを敏感に感じ取ることができます。
  
だからこそ、世の中の大きな流れを見逃さず、他社よりも早く、ブランドとしての立ち位置を紐付け、築き上げることができます。

②幅広い業種&視点からの提案

我々は、様々な業界の方と仕事をすることで、多様な分野の知識と経験を得てきました。
 
企業内部の方は、この技術はこの製品のため、そんな風にカテゴライズすることもあります。
  
しかし現代は、時代の変化を読み解きながら、企業のスキルやリソースを、業界を超えて活かしていく視点が求められています。
  
我々ならば、企業のスキルやリソースの新たな活躍の場を、幅広い視点から提案できます。

③メディア戦略の活用

これまでは、テレビを見る人が大半であり、テレビCMを流せば、十分な機能を果たしました。
  
しかし、現代では、様々なメディアが複雑に存在しており、個人がそれぞれの趣味嗜好に合わせた媒体を選択して、利用しています。
  
そのため、企業はどんなメディアを組み合わせ、どう活用するのか、そこに、どんな映像や広告を展開するか、あらゆる思考が求められます。
  
我々は、御社にとってベストなメディアの選定から組み合わせ、交渉までを一貫して行います。
  
また同時に、メディアからの興味を集め、掲載を実現するための企画立案を行います。

④トータルコーディネート

製品やサービスだけではなく、デザインやプロモーションにも一貫したストーリーや、コンセプトが無ければ、ブランドの価値は高まりません。
   
しかし、ブランド戦略とクリエイティブの制作、さらには広告の運用を、異なる会社に依頼すれば、一貫性にブレが出てしまいます。
  
一方、MOVEDOORは事業成長をデザインする「広報PR会社」として、それらをトータルでコーディネートす ることが可能です。
  
全てを任せられるからこそ、結果に責任を持った「ブランド構築」が可能となるのです。

◎ブランド構築はMOVEDOORへ!

画像6

  
このようにブランド構築は、ブランドを守り抜き、成長に導くために欠かせません。
  
我々は、ブランド戦略から、世に広めるアクション、発信まで、責任を持って担います。
  
ブランド構築に興味があれば、
ぜひ一度、弊社にご相談ください。