STORY

スタジオMOVEDOOR|兵庫県神戸三田の広報PR会社|WEBサイト制作や映像制作も
  1. HOME
  2. 市場価値の高め方 編

起業の道のり

市場価値の高め方 編|兵庫県神戸三田の広報PR会社 スタジオMOVEDOOR

市場価値の高め方 編

【第1章:市場価値を決める3つの要素】

この変化の激しい不確実な時代に、我々はどんな業界を選び、どんなスキルを身につければ良いのか。
  
起業当初、そんな疑問を抱いた私は、まず、社会人の「市場価値」について、思考してみた。
  
起業当初に愛読していた『転職の思考法』北野唯我(著)によると、市場の価値は、次の3つの掛け合わせで決まると述べられている。

<市場価値を決める3つの要素>

①業界の生産性
②技術資産
③人的資産

参照:『転職の思考法』北野唯我(著)

それぞれについて、考えを記していきたい。

①どんな業界を選ぶのか
 ー業界の生産性ー

それが分かれば、すでに多くの人が集まっている。人が集中すればするほど、そのスキルの希少性は無くなり、市場価値は下がるだろう。
  
結論としては、今後も需要が高まるであろう「テクノロジーに関連したスキル」を勧めたい。
  
プログラミング・デザイン・動画編集・SEO対策・WEB広告・SNS運用&広告、などの技術は、需要がさらに高まるだろう。
  
これらのスキルを獲得できれば、
より影響力や生産性を高めることができる。
  
例えば、プログラミングであれば、エンジニアが書いたコードが、アプリ等のサービスとなり、何百万人もの人に、影響を与える可能性がある。
  
一方で、コンビニのレジ打ちであれば、どれだけ素晴らしい接客をしても、1度の会計でコミットできるのは1人まで。その影響力は限られてしまう。
  
当然、生みだす価値・影響力が大きな、職種やスキルは、往々にして「時給」が高まっていく。
  
それらの人材が希少であれば、経営者は、より多く給料を払おうと考えるし、払わざるを得ない。
  
同時に、人間の感情を揺さぶり、相手を納得させたり、信頼を得るようなスキルも、必要不可欠だ。
  
つまり、営業力やコミュニケーション能力は、業界や職種に関わらず、今後も重宝される。
   
「人材紹介の営業なら任せてください」「企業向けのツールなら任せてください」など、特定の業界や商材に強みがあれば、なお良いだろう。
  
とはいえ、通信講座で簡単に取得できてしまうような資格・業界には、注意が必要だ。
   
資格になっている時点で、すでにパターン化されている。パターン化されているため、替えが効くだけでなく、近い将来、自動化される可能性もある。
  
一方、先ほど述べたスキルは、個人による創意工夫の余地が多いため、機械による自動化は難しい。
  
また、伸びていく市場や業種で働くことも大切だ。成功体験を得やすいし、会社の成長と共に、個人の権限も増えていく。その結果、挑戦の機会にも恵まれ、成長のスピードが早まっていく。
  
その一方で、衰退していく市場に身を置けば、せっかくの苦労も虚しく、成果は出しにくい。
  
ならば、努力やアイディアと同じくらい、「いつ、どの領域で頑張るか」という視点も、人生やキャリアにおいて、大切なポイントではないだろうか。
  
MOVEDOORでは、これらを踏まえて、

広報戦略/動画制作/WEBサイト/デザイン/商品企画/広告/ブランディング/WEB広告

などのスキルを身につけて、
「広報・PR会社」として、スタートを切った。
  
また、大手広告代理店が大都市に集中するなか、中小企業を支える、広報PR会社の数は少ない。
  
しかし、急速な時代変化により、中小企業の広報PRの需要は、確実に高まっている。我々かま独自のポジションを築くことは、十分可能だと考えた。
  
競合相手が少ない領域で、事業を展開することは「戦わずして勝つこと」に等しい。
  
戦略は「戦い」を「略す」と書く。
  
業界の生産性を見極めると同時に、戦わずして勝てる場所や市場を選びとる。そんな視点も、事業の継続において、非常に重要だと思うのだ。

②どんなスキルを身に付けるか
ー技術資産ー

我々も、戦うべき業界・職種が決まったところで、メンバー全員がスキルを磨く段階になった。
  
技術資産とは「特定の職種の専門スキル」と「職種と関係のない経験」を複合したものと考えた。
   
我々の場合であれば、下記にあたる。

【特定の職種の専門スキル】
映像制作・デザイン・撮影・プログラミング

【職種と関係のない経験】
営業力・マネジメント力・コミュニケーション能力

立ち上げメンバーは5人。限られた人数と時間の中で、いかに大きな価値を生みだすか。
  
MOVEDOORでは、起業初期から、少数先鋭ならでは、ユニークなルールを採用している。
  
それは、メンバーのそれぞれが、「各自の得意分野にフォーカスすること」だ。
  
私の場合は、広報PRの戦略や企画、ディレクションが得意なため、広報PRプランナー/クリエイティブディレクターの役職に担っている。
  
私の他には、プログラミングやデザインが得意なメンバーが揃っていたため、同時に複数のことを、学ぶのではなく、まずは、それぞれが「好きなこと」「得意なこと」に集中できる環境を整えた。
  
その人にとって、苦手な業務が現れた場合も、できる限り、それを得意とする人に委ねていく。場合によって、フリーランスやアルバイトなど、外部のスタッフの能力も借りていく。
  
「餅は餅屋。」
「好きこそ物の上手なれ。」
  
そんな言葉の通り、好きなことや得意なことであれば、学ぶことすら努力に感じられず、とことん夢中になって、のめり込むことができる。
  
例えば、
  
「カメラを無理やり頑張ってる人」
「カメラが好きでしょうがない人」
  
上達が早いのは、圧倒的に後者のはずだ。
  
カメラが好きな人は、ずっとカメラをさわり続け、語り合う。好きなことに没頭している人に、無理やり頑張っている人が追いつけるわけがないのだ。
  
思い返せば学生時代の勉強も、興味のある教科の内容は勝手に頭が記憶し、スルスルと覚えていた。
  
一方、嫌いな教科の内容など、全く頭に入らないし、数日経てば、あっという間に忘れてしまう。
  
苦手なことを克服している時間があれば、はじめから、関心が高い分野に集中する。
  
一般的な会社のやり方としては、少々異なるかもしれないが、この戦術が功を成し、結果として、チームの技術資産が高まったと感じている。

③誰と一緒に取り組むか
ー人的資産ー

3つ目の人的資産は、
私が大切にしているものの1つだ。
  
自分だけでは出来ない何かを成し遂げるためには、
仲間の力が必要だ。
  
「仲間の力を借りる事ができなければ、一定以上の成果を出すことは難しい」とも言える。
  
我々が、広報PR事業に従事できているのも、プログラミングやデザイン、動画編集、撮影など、多様なスキルを持つ仲間の存在があってこそだ。
  
これらを全て1人で習得しようとすれば、膨大な時間と年月を要する。どれも中途半端になるだろう。
  
もし、1人で起業していれば、今頃、スタートラインにすら立てていなかっただろう。
  
加えて、かつての私は典型的な三日坊主だった。
  
何か新しいことを始めても、
我慢強く取り組めない。
飽き性で継続力がないため、
結果を出せず、挫折してしまった経験も多い。
  
そんな私も気がつけば、起業から数年。
  
あの三日坊主は嘘のように無くなり
毎日必死にスキルを磨き続けている。
  
これも、ひとえに仲間のおかげです。
  
人間の脳は、自分の約束はすぐに破ってしまうが、他人との約束は破りにくい仕組みになっている。
  
私のように、1人では頑張れない人がいれば、ぜひ、共に切磋琢磨できる仲間を見つけて欲しい。
  


  
以上が、市場価値を決める3つの要素だ。

【第2章:私の起業を振り返って】

実績もスキルもお金もなかった私たちが、
今もこうして事業を続けられている理由。
  
それは、ひとえに「どんな時でもやらざるを得ない環境」をつくってきたからだと思う。
  
私の「起業」が非常にわかりやすい例だ。
  
「仲間と一緒に事業を起こす。」
  
大企業に就職していたかもしれない仲間を呼び止め、自分の夢に巻き込んだ、とも捉えられる。
  
もちろん最終的な進路の判断は個人に委ねているが、リーダーとして旗を揚げた以上、仲間たちの未来には、責任を感じざるを得ない。
  
「仲間には、絶対に後悔してほしくない」
  
この2年間、そうして自分を奮い立たせてきた。
  
今は、自分がすべきことに集中できているが、収益が軌道に乗るまでは、死にものぐるいだった。
  
会社の仕組みから、仲間集め、業務体系に会議の仕組み。撮影に、打ち合わせ、契約書や書類の作成など、やれることを全て、0からやってきた。
  
起業してから、何度も挫折を経験したこと。
作品を生みだすまでの苦労。
チームとして成長する喜び。
挫折しても立ち上がる強さ。
  
その全てが、今。自信と糧になっている。
  
2021年。
  
ありがたいことに、新しく事業を手伝ってくれるスタッフや、外部のクリエイターにも支えられ、MOVEDOORは3年目を迎えようとしている。
  
起業当初の私が知ったら、きっと驚くだろう。
  


  
起業当初から、「実績」のある人などいない。
  
どんな境遇であれ、はじめは誰もが初心者だ。
  
私は、カメラマンもしているが、カメラをさわり始めたのは、起業した後のことだ。
  
それまでは、カメラ対する興味すら無かった。
私は決して天才ではないし特別な才能もない。
それでも強い信念と責任、熱量を持っていた。
    
しかし、そんな平凡な人間だったからこそ、「起業」を決意できたのかもしれない。
業界分析からスキルの種類まで、細かく戦略を立てたのも、「自分だけの勝ち方」で、キャリアを築いていきたいと本気で願っていたからだ。

【最後に:努力はきっとかっこいい】

若い頃の努力は、報われやすいと言われている。
  
確かにその通りだ。
やったらやっただけ、かえってくる。
  
失敗したら失敗したで、さっと立ち上がれる。助けてくれる人も、手を差し伸べてくれる人も多い。
  
その一方で、若くして努力すれば、人よりも多くの壁にぶつかる。馬鹿にされたり、「お前には無理だと」揶揄される機会も多いだろう。
  
そんな時に、いつも思い出すのが、
株式会社delyの堀江さんの言葉だ。

若い頃にする努力は意識高いと揶揄され、冷やかされていたあらゆることが、大人になったら才能や能力と呼び変わり、お前は羨ましいと言われ、冷やかしていた多くの人が気付いたら努力が結果に反映されにくい年齢や環境になっていたりする。

中高生の頃は、受験勉強や部活といったゴール(目標)が、大人や学校から与えられる。
  
ところが、大学生、社会人になれば、
自由と引き換えに、目標は無くなり、
努力のタイミングを見失ってしまう。
  
挑戦すれば、努力すれば、一時的に冷やかされるかもしれない。けれども、必死に学び、身につけた知識は、絶対に誰にも奪われない。
  
努力や挑戦は、決してダサくない。
むしろカッコ良いじゃないか。
  
今では、そんな風に自信を持って言える。堀江さんの言葉に、私は確かな勇気をもらっていた。
  


  
はじめから、実績のある人なんていない。
人間の能力に、そこまでの性能差はない。
  
劣等感も迷いも、夢も、仲間もスキルも、
実績も、失敗も。後から、何とでもなる。
  
全ては、自分の思考習慣や考え方次第だ。
  
自分の成長と成功を、心の底から信じて、
努力を続けること。努力を楽しめること。
  
起業から3年目。
これこそが、凡人の私が手にした、
最良で最高のスキルだと思います。