ブログのサムネの大画面

広報コンサルティングの特徴とメリット3点


広報PRをもっと加速させて自社製品を
広めたいけど、何から始めれば良いか
分からないですよね。

この記事では、広報コンサルティングの
特徴からデメリットまでを包み隠さずご紹介。

最後まで読めば、広報コンサルティング
会社に頼むかどうか判断できるでしょう。

1.広報コンサルティングとは?3つの特徴を解説

広報コンサルティングとは広報の効果測定を始め、
広報戦略の立案からクリエイティブの作成、
広報の運用までを一貫してサポートすることです。

「広報に関わることを一貫して任せられる」
とも言えます。

そこで、広報コンサルティングを頼むか
どうか悩んでいる人なら把握しておきたい
特徴を3つご紹介。

1-1.広報に関わること全てを統括で支援してくれる

広報コンサルティングでは、
広報に関わることを全てを統括で
支援してくれます。

「統括」で支援してくれるので、
「マーケティング支援なら〇〇会社」、
「webサイト改善なら〇〇会社」と
バラバラの会社に依頼する必要がありません。

なので、社内広報のコミュニケーションコストが
かなり削減できるとも言えるでしょう。

1-2.マスコミとの関係性を築いてくれる

広報PR担当の方は、会社からメディアとの
人脈構築を期待されますよね。

しかし、新聞記者やネットニュースの
編集者などと出会うことは用意ではありません。

広報コンサルティング会社は、メディアとの独自の
コネクションがある場合があるので
メディアと繋いでくれます。

メディアとの良質な関係を気づくことが出来れば、
プレスリリースなどの情報を発信したい時に
上手く発信できるようになります。

人脈が構築されれば、会社に関する継続的な
情報発信ができるようになるとも言えるでしょう。

1-3.同業他社の動向などをまとめてくれる

広報コンサルティング会社は、
同業他社の動向などをまとめてくれます。

「同業他社がどのように広報PRを
やっているのか知りたいけど、時間がかかる...」

同業他社の情報を網羅的に知ろうとすると
膨大な時間がかかりますよね。

そういった時間のかかる面倒な作業も代行。

さらに広報コンサルティング会社なら、
同業他社の動向をまとめるだけでなく、
自社で使えそうなノウハウなどの
提案までやってくれます。

2.【重要】企業が広報コンサルを依頼する目的

企業が広報コンサルティング会社に依頼する時は、

・PRの経験値が社内にない

・人手が足りない

・PRしているものの、効果が出ない

等の課題がある時と考えられます。

そして、戦略や活動企画を立て、
目的(会社が向かう方向性)とゴールの
明文化が必要となります。

その際に、専門のスキルを持ったプロによる
コンサルを受けることで、軌道修正しながら
ブラッシュアップすることが出来ます。

逆に、ゴールや目的は決まっているから
手取り早く広告を打ちたいという時は、
広告代理店などに頼んだ方が早いでしょう。

つまり、抽象度の高い「広報戦略」を
考えなければならない時に、
依頼するのが最適ということです。

3.広報をコンサルタントに依頼するデメリット3選

広報をコンサルタントに依頼する
デメリット3つをご紹介。

しっかりとデメリットも把握した上で、
依頼するかどうか検討しましょう。

3-1.社内にノウハウがたまりづらい

1つ目は、社内にノウハウがたまりづらい
という側面が挙げられます。

情報がブラックボックス化するおそれがあり、
自社内にノウハウやメディアリストが
蓄積されない可能性があります。

統括して全てをサポートしてくれるので、
社内広報のスキルアップには
繋がりにくいことも考えられます。

社内広報など、積極的にコンサルタントと
コミュニケーションを取ることで、ノウハウを
吸収できるように務めるようにしましょう。

3-2.コンサルタント選びが難しい

2点目は、広報コンサルティング会社選びが
難しいという点が挙げられます。

無数と言っていいほど、広報に関する
支援をしてくれる会社が存在。

その中から信頼できる1社を選び、
依頼する必要があります。

良質なコンサルタントもいれば、
業務を淡々とこなすだけのコンサルタントもいて、
合う合わないはあるでしょう。

1度無料相談等でコミュニケーションを取って、
1番親身に寄り添ってくれそうな会社を
選ぶようにしましょう。

3-3.継続的な支援を受けるには費用がかかる

継続的にコンサルタントからの支援を
受けようと思えば、それだけの費用がかかります。

より長期的な支援を受けたいならば、
社内の予算も把握する必要があります。

理想を言えば、予算内で最大限のサポートと
結果に導いてくれる会社を選ぶが鍵となりますね。

4.広報をコンサルタントに依頼するメリット3選

広報コンサルタントに依頼する
メリット3つをご紹介。

広告代理店や広告関連の制作会社にはない、
メリットもあるので、
しっかり確認しておきましょう。

4-1.社内広報の負担を減少できる

1点目は、社内広報の負担を
減少できる点が挙げられます。

今までの広報の仕事と、新規での広報戦略の
仕事を並行で進めようとすると、
量が膨大になりますよね。

そういった状況ではより良い施策も打てないですし、
何よりも社員がしんどくなってしまいます。

そんな時に、広報コンサルタントが統括して
広報をサポートしてくれるので、
社内広報の仕事を任せられるでしょう。

4-2.結果にまで責任を持って支援してくれる【効果測定まで!】

広報コンサルティング会社は、会社によりますが
結果まで責任を持って支援してくれます。

制作会社では「広告クリエイティブを
代行で作ってもらって終わり」。

広告代理店では「広告枠を買って
運用してもらって終わり」。

などのパターンが考えられます。

広報コンサルティング会社では、
広告クリエイティブを作成し作成した広告を運用し
結果が出るまでの改善を行ってくれます。

結果にまで責任を持って支援してくれる会社で
あれば、効果が出るところまで
支援してくれるでしょう。

4-3.幅広く最適な広報方法を提案してくれる

広報コンサルティング会社はビジネスモデル上、
幅広く最適な広報の方法を提案してくれます。

例えば、「本当は広告枠を運用するよりも、
フェイスブック広告の方が効果ありそう...」という
時はコンサル会社ならば迷わず効果的な方を提案。

広告枠を売らなければならない広告代理店には
そういった判断が難しい場合が考えられます。

広報コンサル会社は、広報を統括で支援することが
目的なので、最適な方法を提案してくれるとも
言えるでしょう。

広報PR施策一覧

①広報PR戦略の提案(下記の②〜⑱中で、どんな施策を選び&実行するべきか?)

②ブランディング(ブランドコンセプト策定・デザインコンセプト策定・全デザインのリニューアル・ブランドアクション策定実行)

③紙面広告(ポスティング・新聞折込など)

④各種デザイン(ポスター・チラシ・パンフ・リーフレット・看板・幟・タペストリー・名刺・アパレル・商品パッケージ・シール等)

⑤動画制作&運用(企業紹介動画・サービス紹介動画・採用動画・職場紹介動画・SNS広告用のCM動画・企業イメージムービーなど)

⑥WEBサイト・EC・LP
 制作&運用

⑦WEB広告
(Google広告/ Yahoo広告による
 検索広告&リターゲティング広告等)

⑧SNS運営&SNS広告
(instagram & Twitter & tiktok等)

⑨YOUTUBE運営&
 YOUTUBE広告

⑩タイアップ広告
(YouTuber、SNSのインフルエンサー等をキャスティング&コンテンツ作成&発信、キャラクター&版権利用&施設協賛)

⑪メディア戦略&活用
(WEBメディア・新聞・雑誌等への掲載企画&交渉&コンテンツ作成)

⑫MEO&口コミ対策
(アカウント整備&口コミキャンペーン)

⑬SEO施策
(キーワード選定&ブログ記事作成など)

⑭話題を生みだす広告
(中吊りジャック・社会的メッセージ系の広告・ニュース性のあるアクション企画)

⑮公式LINE
(アカウントデザイン&運用&登録増加施策)

⑯媒体デザイン
(食べログ・じゃらん等のアカウントデザイン)

⑰屋外広告
(看板・電車・中吊り・駅など)

⑱事業開発
(海外展開・ターゲット転換・意味変など)

5.具体的なサポート内容って?依頼事例も

広報PRコンサル事例

広報PR動画作成

広報コンサルティング事例

・商品は良いのに集客ができない

・知ってもらう方法が分からない

・求人サイトで効果が出なかった

・上手く自社ブランドを築けない

・情報発信のやり方が分からない

・集客するターゲットを変えたい

・自社のサービスを話題にしたい

・SNSの活用方法が分からない

・SNSのフォロワーが増えない

・SNSで何を発信したらいい?

・どのSNSが効果的か知りたい

・どのSNSが効果的か知りたい

・メディアとの掲載交渉が難しい

・WEBサイトを作ったまま放置

・WEBサイトデザインがダサい

・WEBサイトの効果が出てない

・デザインがダサい&イケてない

・デザインをオシャレに変えたい

・コロナ禍で、説明会が開けない

・会社&商品を動画で紹介したい

・広告の効果が検証できていない

・どの広告を選択すれば良いの?

・広告運用する方法が分からない

・サイトが見にくい&使いにくい

・ネット広告の方法が分からない

・企業紹介動画を新しく変えたい

・WEBサイトが検索上位に無い

具体的な業務内容7つ

1.現状の広報活動の分析・評価、および中長期的な広報戦略の策定

2.広報戦略に基づく具体的な行動プランの策定

3.定例および必要に応じてのミーティング

4.プレスリリース表現(見出し・本文構成)コンサルティング、添削、配信先コンサルティング

5.配信およびそれに付随するメディアリスト作成、反応確認&改善

6.個別取材、インタビュー、記者クラブ対応、プレスリリース等のコンサルティング

7.広告クリエイティブ関連の作成(UI・UX、チラシやロゴ作成)

上記以外の仕事でも依頼すれば、代行してくれる可能性は高いです。

広報コンサルティング会社によって、支援内容や範囲が異なることが多いので、一度会社に相談してみましょう。

6.依頼する際の社内広報の役割2選

依頼中の社内広報の役割を2つご紹介。

丸々全てお任せとはいえ、社内の情報を
コンサルタントが持っているわけではないので、
そこのコミュニケーションを取る必要はあります。

どんな役割があるのか確認しておきましょう。

6-1.社内情報を集める

社内情報をコンサルタントに提出し、
最適な広報の方法を考えてもらう必要があるので、
社内情報の収集は必須です。

社内情報をしっかりと集め、会社の方向性
などの認識も揃えておくことで、

「コンサルタントの方に頑張ってもらったけど、
自分達のイメージとはズレていた」

ということが起こらないようにしましょう。

6-2.社外情報などを社内に共有する

社外情報などを社内の共有するようにしましょう。

社外情報の動向をまとめるのは、
コンサルタントに代行してもらうとしても、
社内への共有は怠らないようにしましょう。

役員などの近くにいるのは、
コンサルタントではなく社内広報の人なので、
会社の方向性とコンサルタントの方向性が
ズレないように認識の一致を必ず
行うことをおすすめします。

6.依頼する際の社内広報の役割2選

依頼中の社内広報の役割を2つご紹介。

丸々全てお任せとはいえ、社内の情報を
コンサルタントが持っているわけではないので、
そこのコミュニケーションを取る必要はあります。

どんな役割があるのか確認しておきましょう。

6-1.社内情報を集める

社内情報をコンサルタントに提出し、
最適な広報の方法を考えてもらう必要があるので、
社内情報の収集は必須です。

社内情報をしっかりと集め、会社の方向性
などの認識も揃えておくことで、

「コンサルタントの方に頑張ってもらったけど、
自分達のイメージとはズレていた」

ということが起こらないようにしましょう。

6-2.社外情報などを社内に共有する

社外情報などを社内の共有するようにしましょう。

社外情報の動向をまとめるのは、
コンサルタントに代行してもらうとしても、
社内への共有は怠らないようにしましょう。

役員などの近くにいるのは、
コンサルタントではなく社内広報の人なので、
会社の方向性とコンサルタントの方向性が
ズレないように認識の一致を必ず
行うことをおすすめします。

7.広報コンサルディングの費用

・プレスリリースの作成、配信の費用は15万円から25万円前後
・イベントの企画・運営費用は40万円から80万円前後
・メディアプロモートの費用は15万円~。(取り上げられた場合は別途成果報酬が発生)
・戦略立案、コンサルティングの費用は月額10万円~
・テレビパブリシティを獲得した場合成果報酬が非常に高額になることがある

上記は広報・PRにかかる相場です。

広報コンサルティングに依頼する
範囲によって、値段が異なるので一度
広報コンサルティング会社に相談してみましょう。

8.【まとめ】広報コンサルティングを使えば、広報について網羅的に施策が打てる

広報コンサルティングに依頼すれば、
広報について網羅的に施策が打てるようになります。

「思い切って予算かけて広報施策
打ってみたいけど、やり方が分からない...」

「次回の新商品はなんとかバズらせたい...」

そんな悩みに対して、専門の知識を
持ってしてサポートしてくれます。

まずは相談だけでもしてみては
どうでしょうか?

8-1.MOVEDOORの広報コンサルティングについて

MOVEDOORでは、広報・PRに関する
悩みを統括的にサポートしています。

お客様の相談をお聞きした上で
予算の範囲でご希望をどこまで
実現可能か共に考えていきます。

「~円ぐらいで〇〇を制作したい」

「広報戦略を一緒に考えてほしい」

などなど気軽にご相談ください