BLOG

スタジオMOVEDOOR|兵庫県神戸三田の広報PR会社|WEBサイト制作や映像制作も
  1. HOME
  2. 広報PRを選んだ理由

公式ブログ

デザイン事務所のメンバー|兵庫県神戸三田の広報PR会社 スタジオMOVEDOOR

広報PRを選んだ理由

お店や企業の経営において、「広報」「PR」は事業成長においてかかせない要素です。
  
しかし、むやみにコストをかけてしまうと、
  
「動画をつくったのに見てもらえない」
「チラシを配ったのに集客ができない」
  
などなど大事な広告予算の
無駄遣いになりかねません。
  
今、何をつくり、何をつくらないべきなのか?
  
我々のような「広報PR会社」は、
顧客のビジョンや戦略を理解して、
結果に責任を持って制作にあたる必要があります。
  
なんだか、偉そうなことを書いてしまいましたが、
MOVEDOORにも「結果の出ない制作物」を
つくってしまった、苦い経験があります。
  
今日はそんな過去を振り返りながら、
我々が制作物を売る「制作会社」や、
広告枠を売る「広告代理店」でなく、

成長と変化を売る「広報PR会社」を
目指している理由と背景を説明します。   

【広告予算の無駄遣い】

広告予算の無駄遣いが起きる、大きな要因の1つは、制作会社や広告代理店の「構造」です。
  
予算だけでなく、時間を無駄遣いするケースもあります。まず、その3つの「構造」を説明します。   

①「納品」が「ゴール」になってしまう

制作会社は「納品物」に対して、「対価」を受け取ることで成り立ちます。そのため、納品後のデザイン&映像の使い道や、集客への効果検証に責任が生じることは、ほとんどありません。
  


  
今でこそ「広報PR会社」を名乗っていますが、立ち上げ当初のMOVEDOORは、映像とデザインを専門とする「制作会社」でした。
  
ゼロから、スタートした学生起業。
  
「一緒に起業した仲間たちに給料を渡したい」
  
「とにかく実績をつくらねば」
    
そんな焦りの気持ちから、様々な企業の門を叩き、無我夢中で制作物をつくっていました。
  
ところが、どんなデザインが完成しても、顧客の事業成長に大きく貢献する実感は持てませんでした。
  
我々は、「つくること」に必死になりすぎて、「顧客のメリット」や、本当の意味で、事業成長にコミットすることを見失っていたのです。
  
戦略無しに、広報PRは成り立ちません。
  
いくら美しい動画を作っても、使い道が定まっていなければ、集客はできません。
  
ご依頼いただいた方から、「いいものができた、ありがとう!」と言われても、事業成長に貢献できなければ、その意味も薄れてしまう。
  
納品が終わるたび、
自分の無力さを感じていました。
  
「クリエイティブの力、広報PRの力は
 きっと、そんなに小さなものじゃない。

  
「我々なら、銀行やコンサルタントとは
 違ったアプローチで、貢献できるはず。」

  
そう信じていたからこそ、本当に悔しかった。
   
そうして月日は流れ、
ある日、ふとこう思ったのです。
  
「このまま単発・売り切り型の『制作会社』を続けていくのは危険かもしれない」と。  

②最適な広報戦略が提案されにくい

「動画」や「紙面デザイン」など、1つの専門分野に特化した制作会社の場合、本当にベストな広報戦略を提案することは困難です。
  
映像会社に属していれば、「御社はチラシ広告が最適です」とは、口が裂けても言えません。
  
それがベストな広報戦略であっても、そんなことを言えば、映像制作の仕事が受注できないからです。
  
そして、仕事を失ってしまうでしょう。そのため、無理にでも、映像制作を勧めることになります。
 
世の中には素晴らしいクリエイターが、
数多く存在しています。
  
ただ、「素晴らしい制作物」が、常にベストな結果や効果を生むとは限らないのです。  

③コミュニケーションコストの負荷

企業の広報PRと事業成長において
この3つは、切り離せない関係です。  

1.戦略
2.制作
3.発信

この3つが同じ方向を向いていないと、制作物や発信の統一性が損なわれ、ブランド力は育ちません。
  
企業によっては、その3つを、それぞれの専門業者に依頼することもあるでしょう。

1.戦略(コンサルティング会社A)
2.制作(デザイン会社B・映像会社C)
3.発信(広告会社D)

ただ、これには「意外なコスト」が発生します。それが、広報担当者の「コミュニケーションコスト」。貴重な時間が大幅に削られます。
  
複数の会社に依頼することで、

・各社に企業コンセプトのシェア
・各社に納品物のフィードバック
・各社の進捗管理

など、やるべきことは山積み。
広報担当者の負担は計り知れません。
  


   
以上の3点が、広告予算の無駄遣いを発注させる、制作会社や広告代理店の「構造」です。  

【トータルコーディネートという解決策】

企業の広告予算を無駄にしたくない。
  
そこで、我々が目指したのは、課題発見と広報戦略構築から、革新的なデザイン・映像の制作。そして、顧客へ届ける広告まで。
  
広報PRを軸に企業の挑戦と変化にコミットする「トータルコーディネート」の考え方でした。
  
戦略から発信、効果検証を、
まるごと1つの広報PR会社に依頼すれば……
  
無駄なコミュニケーションコストは削減されて、広報担当者は、空いた時間でより生産性の高い仕事にコミットできるかもしれません。
  
広報戦略を持ってつくられた制作物なら、
その活用方法も明確です。
  
WEBサイト・紙面デザイン・動画が一貫したコンセプトや統一感を持って仕上がるため、ブランディング効果も大きく期待できるはずです。
  
大切な広告費が無駄になる心配もありません。
我々は、強く決意しました。
  
「制作会社から広報PR会社へ」
  
戦略から効果検証まで、全てに責任が伴う。
求められるゴールは「納品」ではなく、
圧倒的な「結果」です。   

【広報PR会社の3つのポイント】

こうして我々は「広報PRで事業成長を実現する」を新たなミッションとしました。
  
制作物を売る制作会社ではなく、
成長と変化を売る広報PR会社へ。
進むべき方向が明確になったのです。
  
とはいえ、まだまだ力不足。会社として、
早急なステップアップが必要でした。
掲げたミッションを体現するために。
  
ここで、広報PR会社であるために、我々が取り入れた、3つのポイントをお伝えます。

①完全オーダーメイドプランを提案

スタジオMOVEDOORは、通常2〜3週間かけて、ご依頼をいただいた業界を徹底的に分析しています。業界から一歩引いた第3者の目線で、

・競合他社の広報PRの状況
・誰に何を売りたいのか

などを整理し、完全オーダーメイドの広報PR戦略&年間スケジュールを提案します。
  
我々はこれまで、個人店から大企業まで、幅広い業界に携わらせていただきました。
  
取材やヒアリング、効果検証……
  
一見、全く異なる業界で得た知識や経験が、他の業界の課題解決に繋がることも多くあります。
  
広報戦略は、広報PRにおける要。
  
一切の妥協をせず本気で向き合っています。

②結果が出るまでの流れを明確に

広報PRの結果が出るには、
およそ半年〜1年かかると言われています。
  
単発の制作物によって、大きな結果が出ることは、ほとんどありません。売り切り型ビジネスの怖さは、ここにあります。
  
とはいえ「いつ結果が出るか分からないものに、多額の予算は払えない」というのが、多くの企業の本音だと思います。
  
提案において大切なことは、長期的な戦略にしっかりと納得していただき、信頼を得ること。
  
「いつ、どんな施策を行うのか」
  
結果が出るまでの流れを、年間スケジュールでお伝えすることを心がけています。 

③外部クリエイターとの連携

この数ヶ月間で、特に力を入れたのが、外部のクリエイターとの連携です。
  
「スタジオMOVEDOOR」のメンバーは、これまで「広報」「PR」に関するあらゆるスキルを得るために、血の滲む努力をしてきました。
  
しかし、僕は社内のメンバーだけで顧客の課題を解決することがベストだとは思っていません。
  
特定の分野において、より高い専門性を持つクリエイターと共にチームをつくることで、ベストなパフォーマンスを発揮する。
  
外部で活躍する様々なクリエイターの得意分野や強みを理解して、顧客のコンセプトや業界に応じた、適切なクリエイターをチームに集めるキャスティング力を磨いています。
  
そして、クリエイターの集団をまとめて、ビジョンを共有する、マネジメント力を磨いています。
  
代表として今、本気で結果を出すためのチーム体制を整えることに、大きな責任を感じています。
  
SNSにアンテナを張る、繋がりを辿るなど、1人ずつ協力を仰ぎながら、外部のクリエイターさんと丁寧に関係を築いてきました。
  

【最後に】

以上が、我々が、成長と変化を売る「広報PR会社」を目指している理由と背景です。
  
2021年。新体制になった「スタジオMOVEDOOR」として、新たな一歩を踏み出せたことを、とても嬉しく思っています。
  
これからも、よろしくお願いいたします。
  

画像1