BLOG

スタジオMOVEDOOR|兵庫県神戸三田の広報PR会社|WEBサイト制作や映像制作も
  1. HOME
  2. 自分の過去と劣等感

公式ブログ

自分の過去と劣等感|兵庫県神戸三田の広報PR会社 スタジオMOVEDOOR

自分の過去と劣等感

中学生の頃から
“劣等感の塊”みたいな人間だった。
  
関西学院中学部に合格した自分は
その後、受験を経験することなく
関西学院高等部・大学に進学する。
  
多くの生徒が受験の代わりに与えられた
膨大な時間を「主体性」を持って過ごす。
そんな、中学と高校だった。
  
自分で音楽をつくる生徒や
文化祭でリーダーシップを発揮する生徒、
映像制作のスキルを身に付ける生徒まで。
  
彼らは個性的で、輝いて見えた。
  
こんなことを書くと、
  
「あぁ、そんな特殊な学校に通っていたから、
君も学生起業をしようと思ったのね!」と
言われそうだが、それは違う。
  
僕はそこそこに勉強や部活に励む、
どこにでもいる普通の生徒だった。
  
そして、「普通であること」の物足りなさと
そんな自分への”劣等感”を抱えた生徒だった。
  


  
【周りの目を気にしていた中学時代】
  
周りの目に惑わされることなく、
何かに熱中している友人たちを
心から尊敬していたし、
彼らと共に過ごす時間は何よりの宝物だった。
  
その一方で、いつまで経っても
「普通」から抜け出せない自分と比べては
劣等感を感じていた。
  
挑戦したいことがあるなら
僕もやってみればいいのに、
その1歩が、なかなか踏み出せない。
  
「周りにどう思われるんだろう?」
「失敗したら恥ずかしい」
  
ずっと周囲の目を気にしていた。
とことん他人の軸で生きていた。
  


  
【頑張っても報われない野球部時代】
  
部活は大事だと思って入部した野球部でも、
相変わらず「普通」から抜け出せずにいた。
  
特別うまいわけじゃないけど下手でもない。
才能のある下級生には追い抜かれてしまう。
  
自分には才能がない。
努力しても報われないのではないか。
   
忍耐、礼儀、挨拶、人間関係、努力、、、
部活動から学んだことは、あまりに大きい。
  
部活や学校生活を支え続けてくれた両親に
どれだけ感謝をしてもしきれません。
  
その一方で、、、
  
頑張っても報われないという経験は
多感な思春期の自尊心を蝕んでいく。
僕は少しずつ自信を無くしていった。
  


  
  
【そんな自分を変えたい】
  
冴えない青春だったが、
(ちなみに男子校で彼女も出来なかった!笑)
  
大学入学をキッカケに、
何にも挑戦できない自分を変えたいと思った。
  
「見返したい。認められたい」
「普通のままでは終われない」
「もう、あんな思いはしない」
  
そんな、ドロドロとした「負のエネルギー」を胸に
僕の大学生活が始まった。
  


  
【自分の軸で生きた大学時代】
  
大学ではボランティアや地域活動を始めた。
この活動が、想像以上に自分に合っていた。
   
プロジェクトを立ち上げ、アイデアを実現する。
1つ、また1つとプロジェクトを終えるたびに
僕は「小さな成功体験」を積み重ねた。
  
大学2年生になる頃に、
自分の中から「劣等感」が無くなった。
  
ただ素直に誰かの課題を解決すること、
誰かに喜ばれる楽しさに、夢中だった。
  
寝る間を惜しんで、活動しても平気だった。
やりたいことと、アイデアが次々に浮かぶ。
  
「次は、あの人に会ってみたい」
「こんなスキルを身に付けたい」
「もっと、誰かに喜んで欲しい」
  
これまでの自分には無かった、
前向きでポジティブなエネルギーを感じた。
  


  
 
【大学3年生、仲間と一緒に起業する】
  
就職活動を控えた、大学3年生の秋。
進路を考えるため、自己分析をした。
  
僕は信頼できる仲間と、ワクワクする目標を立て
達成することに、これ以上ない喜びを感じていた。
  
もはや目標無しでは生きていけない。ある意味、
「目標依存症」「目標中毒」なのかもしれない。
  
大きなビジョンを掲げて、
まだ無い事業を生み出し、
世の中に大きく貢献できる仕事……。
  
僕にとって、その最たる存在が起業家だった。
  
その先には、責任や困難、試練が待っている。
でも、絶対に乗り越えたいと思った。
  
そんな極端で偏った性格だったから
「起業」という道に迷いはなかった。
  
言い換えれば、そうせざるを得なかったのだ。
  
僕はこの三田キャンパスで出会った仲間達と
「学生起業」という道を選んだ。
  


   
【自分の過去をどう思っているか?】
   
ぼくは自分の過去を否定したり、
後悔しているつもりは全くない。
  
思い悩んだ時代も、自分にとっては大切な時間で
今の自分を確実にカタチ作ってくれた。
  
あの時、強烈な劣等感に突き動かされたおかげで
今もこうして、挑戦を続けられている。
  
過去の意味は、今の自分が決められる。
つまりは、過去を変えることができる。
  
散々な過去に対し、悔いることもできるけれど、
数年後に思い出して、「あの日々があったから
今がある。」そんな風に思うことだってできる。
  
過去の意味をつくっていくのは
未来であり、これからの自分だ。
  

・ 
  
【浮き沈みの激しさ】
  
起業から2年が経った。
  
心から納得できる道を進んだが
苦労や悩みが無いわけではない。
  
若く起業した分、立ち向かう課題や
知らないことは、あまりに多かった。
  
ところが、なにかに切羽詰まったり
突然のピンチやトラブルが起こると
すぐに、心と体に影響が出てしまう。
  
分かりやすく言うと落ち込みやすい。
  
この性格は昔からコンプレックスで、
いまだに、治っていない。
  
湯船にゆっくりつかってみても
心が満たされるのは一瞬だけで、
根本的な解決にはなっていない。
  
だからこそ、自分の至らなさに目を背けず
ストレスの原因と向き合うことにしている。
  
目を背けても状況は好転しない。
  
どれだけ困難な状況であっても
「これからどうするか」
「自分に何ができるか」を考えて行動する。
  
きっと、そのストレスや困難を越えた先に
自分の成長を必ず、実感できると思うから。
  


  
【ストレスを飼い慣らす】
   
成長には必ず、ストレスを伴います。
  
受験やテスト勉強、部活動での努力、、、
  
これまでの人生で、全くストレスが無いのに
成長できたことが、一度でもあっただろうか?
  
自分の現在地(出来ないことや失敗)を認め、
目標までの方向と距離を正しく理解すること。
  
初めてとなる、大きな目標に挑戦すれば、
大なり小なり、失敗や挫折が付きまとい、
上手くいかずストレスを感じるでしょう。
  
しかし、これに負けず努力を重ねて、
乗り越えていくことで、
出来ないことが、出来るようになる。
  
そうして、成長していくのだと思う。
  
実は、ストレスが無いということは、
「なにも成長できない」ということ。
  
成長には、適度なストレスが必要なのです。
  
「これは自分を成長させるストレスなんだ。
 正しく、適切なストレスがかかっている。」
   
こんな風に自分を客観的に分析して
ストレスを真正面から、
受け止めすぎないよう心がけている。
  
その甲斐もあって、最近は少しずつ、
ストレスを飼い慣らせるようになってきた。
  


  
    
【完璧にはなれない自分】
  
相変わらず浮き沈みは激しいし、
部屋や机は全く片付けられない。 
   
好奇心が止まらなくなると質問攻めにして、
相手をビックリさせることも日常茶飯事だ。
  
それから、1年に3回ぐらい財布をなくす。
    
そのたびに、
「なんで俺はこんなに注意力散漫なんや!」と
  
落ち込みながら、必死に探し、
いつも、なんとか見つけ出す。
そんな日々を繰り返している。
  
会社の掃除当番はうっかり忘れるし
イヤホンも充電器も失くしてしまう。
  
でも、不思議と、
そんな自分が昔ほど、嫌いじゃない。
   
大学生になると、
そんなコンプレックスだらけの自分を
おもしろがってくれる大人に出会えた。
  
どんどん質問しても、可愛がってくれて、
丁寧に教えてくれる経営者の先輩がいる。
    
失くしものが絶えない僕を見計って、
書類を上手に整理できるよう
工夫してくれる仲間達がいる。
  
本当に、有難い環境だと思う。
  


  
【人は不完全だから助け合える】
  
誰もが弱さや欠点を抱えてるからこそ、
  
誰かに助けてもらえて
誰かを助けることもできる。
  
時に誰かに感謝されて
時に誰かに感謝できる。
  
そうして互いの役割や存在を認め合う。
  
弱さや欠点を、素直に打ち明ける人は
支えたくなるし、親しみを感じられる。
  
一方、完璧な人や弱さを見せない人に
親しみを感じることは、難しいと思う。
  
きっと、、、
  
僕の短所や弱さも誰かの役割をつくり、
自分自身の親しみやすさを生んでいる。
  
そう考えると、
  
コンプレックスも悪くはないなぁ〜と思えた。
  


  
【コンプレックスは飼い慣らせない】
  
「‥‥‥あれ、さっきまで “iPhone” 
 ここに置いてたはずやのにな〜?」
  


  
こんな真面目なことを書いてながらも
今日も自分のスマホを探し続ける僕は、
やっぱり完璧なリーダーとは程遠いのだろう。
  
それでも、いい。
それで、いい。
  
僕は自分の弱さや欠点と共に生きていく。