BLOG

  1. HOME
  2. movedoorの採用募集

公式ブログ

デザイン事務所

movedoorの採用募集

スタジオMOVEDOOR代表の諸富です。
  
我々は、事業の拡大にともない、「正社員(広報PRプランナー/クリエイティブディレクター)」と「インターン生」を募集いたします。
  
制作物を売る制作会社や
広告枠を売る広告代理店ではなく、
成功と変化を売る、広報PR会社として。
  
広報PRで事業成長を実現する。そんな魅力とやりがい溢れるプロジェクトに挑戦してみませんか?

【募集要項:全職種共通】
ースタジオMOVEDOORー
  
■募集職種

①クリエイティブディレクター
 広報PRプランナー
②インターン生
  
■雇用形態
①正社員
②インターン生
  
■応募資格
・28歳までの男女
・広報PRに関心のある方(未経験可)
・完全リモート対応
(全国どこからでも、ご応募いただけます)
・インターンは最短、2ヶ月以上(期間は応相談)
 週に1度〜の打ち合わせ(リモートも可能)
  
■給与
・インターン生:交通費等支給のみ
・正社員:応相談(勤務時間が自由選択のため)
  
■求める人物像
・仕事を通して、自分の人生を豊かにしたい
・成長意欲が高い、できることを増やしたい
  
■勤務地
・兵庫県三田市中町7-39
 MOVEDOOR事務所
 築100年の古民家です。
※フルリモートで勤務可能
  
■勤務時間
・応相談
(その人に合った働き方を選択できます。)
  
■福利厚生・その他の制度
・リモートワーク制度
  
■採用予定人数
・正社員:2人まで
・インターン生:2人まで
  
■選考プロセス
・オンライン面接など

【はじめに】

弊社は、2018年に学生起業して以来、広報PRのトータルデザインを強みに、成功と変化を届ける広報PR会社として、事業を展開してきました。
  
兵庫県の三田市を拠点に、
関西学院大学に通う学生5人で学生起業。
  
起業当初から、全メンバーがプロジェクトリーダーとして、クライアントの事業成長に責任を持ち、急速なスキルアップを実現してきました。
  
その結果、人工知能に代替されることのない、クリエイティビティを磨き、各々が市場価値の高い、ビジネスパーソンへと成長しています。
   
大手企業が広報PRに大規模な予算をかける一方、中堅企業の広報PRを担える会社は、まだ少なく、我々はそのマーケットに位置しています。
  
「広報PRプランナー/クリエイティブディレクター」を育成して、より事業の成長に貢献したい。
  
そんな思いで、新たなメンバーを募集します。
  
今回募集する「正社員」「インターン生」は、企業や業界に応じて、オーダーメイドの広報PR戦略を立案し、専門スキルを持つクリエイターと連携しながら、それらの戦略を遂行する仕事です。
  
近い将来、広報PRのスキルを活用した、自社サービスの展開も検討しています。そんな挑戦にも、積極的にご参加いただければと思います。
  
居住地や経験は問わず、広報PRに関心を持ってくださる方と出会えることを楽しみにしています。
  
ぜひ、最後までお付き合いください。

【今回の募集内容】
①正社員の募集

■戦略を立て、成果に責任をもって遂行する「広報PRプランナー/クリエイティブディレクター」
   
私たちが手がけるものは、企業の動画・WEBサイト制作・各種デザイン(パンフ・ロゴチラシ、名刺、グッズ等)・WEBメディアの運営・商品企画・ブランディング・広告など、多岐に渡る。
  
全てに共通して言えることは「徹底した広報PR戦略に基づいて、実行される」ということ。
  
どれだけ素晴らしいデザインであっても、その使い道や、集客効果がなければ意味がありません。

①企業の悩みや課題をヒアリングする中で、
 何をつくり、つくらないべきなのかを判断する。
  
②競合・市場を徹底的に分析し、
 年間のスケジュールに落とし込んで提案する。

そんな、プランナーとしての役割と、  

③確定した広報PR戦略を管理遂行する。
  
④各種クリエイティブの質を向上させる。

ディレクターとしての両面を持つ存在です。
  
プランナーに求められるのは「今の時代にどんな施策が存在するのか」「顧客にあった戦略は何か」を考察する、広く柔軟な知識と思考力。
  
近年、流行している「YouTuberとのタイアップ企画」も、その存在や仕組みを知り、触れていなければ、プランを提案することは出来ません。
  
ディレクターは映像やデザインのクラフト力に欠けても、良いものを見極める知識と理論は必須です。
  
ビジュアルだけではなく、消費者の目線とマーケティング視点を持った、フィードバックを行います。
  
また、クリエイターの力を最大限に活かすためのマネジメントやコミュニケーションも求められます。
  
もちろん最初から、
その全ての知識を持つ必要はありません。
    
大切なのは真っ直ぐな「知識欲」と「学習意欲」
   
業種や業界によって異なるオーダーメイドの戦略をロジカルに組み立て、優秀なクリエイターの能力を最大限に活かし、プロジェクトを成功へと導く。
  
そんな、MOVEDOORのコアとして活躍していただける人材に成長することを期待しています。 

②インターン生の募集

■本物の経験と知識を得ることで成長する。
  
弊社のメンバーは、学生団体で代表を務めるなど、人材教育やマネジメントに力を注いできました。
  
いま多くの学生はコロナウイルスの流行により、先行きの見えない不安を抱えている。
  
好景気の時代は終わり、終身雇用に守られながら生きていける時代は、終焉を迎えつつある。
  
ただ、どれだけ不確実な時代でも、普遍的に求められ続けるニーズやスキルは存在するのです。
  
ここで学べる、広報PRのスキルは時代が変ろうとも、そのニーズが消えることはない。
  
インターン生には、最低2ヶ月以上、週1度の打ち合わせ(リモート可・期間は応相談)を通して、代表 諸富の業務サポートをお願いします。

※コピーライティング作成、市場調査・競合分析
 企画アイデア・各制作物のディレクションなど

学生時代に立ち上げたMOVEDOORは、2020年のコロナ禍で、怒涛の新卒1年目を乗り越えながら、事業を軌道に載せてきました。
  
弊社のインターンは楽ではありませんが、ピンチを乗り越えてきた、我々だからこそ伝えられる「生きた経験」「生きた知識」があると考えています。
  
お互いが求めるものを擦り合わせ、Win-Winな関係を築き、有意義な時間を過ごしましょう。

【スタジオMOVEDOORの働き方】

①完全リモートワーク

弊社では、リモートワークやビデオ会議を取り入れながら、事業を推進しています。
  
必要なものは、パソコンとインターネット環境。
  
クライアントとの会議や連絡など、オンラインで完結できるため、日本中どこでも、プランナー・ディレクターとして仕事ができる環境を整えています。
  
とはいえ、物理的な距離があれば、コミュニケーションが取りづらぐ、心配になりますよね。
  
実際に、撮影や大きなプレゼンの際には、これまでも積極的にクライアントの元を訪ね、対面でのコミュニケーションを大切にしてきました。
  
現在は、2週間に一度の定例合宿(リモート参加可)を開催します。各メンバーからテーマや課題が提示され、じっくりと話し合いが行われます。
   
また、メンバー全員がいつでも、プロジェクトの進捗や状況を把握できる仕組みをつくっています。
  
もちろん入社後は、お互いの顔が見える状態をつくれるように、「1on1」の交流会など、メンバーと信頼関係が築ける環境を用意しています。
  
平均年齢は23歳と若いですが、責任感があり、成長意欲があるメンバーが集まっています。遊び心があり、目の前の仕事を楽しむ姿勢があります。
   
1人で悩まず、チーム全体で助け合う体制を整えているので、未経験の方も安心してご応募ください。
  
できることが、少しずつ増えていく。
より、大きな価値が提供できる。
   
その結果、多くの人に喜んでもらえる。そんな楽しさと喜びを一緒に感じてもらえたら嬉しいです。

②築100年の古民家オフィス

リモートワークでも可能ですが、MOVEDOORのオフィスも、ご利用いただけます。
  
弊社オフィスは、JR三田駅から徒歩2分の好立地にある、築100年の古民家です。
  
10年以上、空き家として放置された古民家を、三田市の学生や地域住民の皆様と共に再生しました。
  
現在は、1階を地域の学生の活動拠点に、2階を弊社のオフィスとして活用しています。
  
(詳細はこちらの「こみんか学生拠点(古民家再生事業)」をご覧ください。)
  
キッチンや水回り、宿泊の設備など、生活に必要なものは一通り揃っています。また、古民家ならではの温かく、アットホームな雰囲気も持ち味です。
  
オンライン会議用の個室もあり、会議スペースとして十分な広さと部屋数を確保しています。2週間に1度の定例合宿も、この古民家で実施しています。
  
徒歩3分圏内には、コンビニ2種類・各種スーパー・ポスト・ジム・100円ショップ・飲み屋街・JR駅・銀行・パン屋・カフェなどが点在しており、そんな利便性の良さも魅力のひとつ。
   
こちらに通いながらも、リモートワークを組み合わせ、時に顔を出していただく形でも構いません。
   
地域の繋がりを活かした、ユニークな古民家から生まれる出会いを、私たちと一緒に楽しみましょう。  

【最後に】

振り返れば、私たち自身、先輩経営者や地域の方々に育てられ、支えられ、今日まで続けてこれました。私たちがあるのは、そんな皆様のおかげです。
  
先輩経営者の方に食事に連れていただき、話を聞いたり、学生時代のプロジェクトを通して、共に活動するなど、数々の貴重な経験をしました。
  
「こうした恩を、どうすればお返しできるのだろうか?」そんな風に考えていました。
  
私の1つの答えは、いただいた恩を、
次の若い世代に繋いでいくことです。
   
分かりやすい「恩返し」ではありません。しかし、地域の皆様に育てていただいたように、今度は、私たちが若い世代に何かを伝えていけたら。
  
そんな、「恩送り」をしていきます。
  
長くなりましたが、MOVEDOORで働くことに興味を持ってくださり、ありがとうございます。
  
ここで一緒に働いてもらうこと。
  
それは、「あなたの貴重な人生と時間をお借りしていること」でもあります。だからこそ、最大限のリスペクトと感謝の気持ちを忘れません。
  
お互いがお互いを必要とする。
そんな関係を築いていきます。
   
今も創業期の最中。想像がつかないことも起こります。目標もチームも積極的に変わり続けます。
  
そんな変化すら、共に楽しめたら嬉しいです。ぜひ、我々とワクワクする目標を追いかけましょう!