BLOG

株式会社MOVEDOOR|兵庫県神戸三田の広報PR会社|WEBサイト制作や映像制作も
  1. HOME
  2. 企業紹介動画の作り方を解説、制作する3つの目的とは?

公式ブログ

企業紹介動画の作り方を解説、制作する3つの目的とは?

1.企業紹介動画とは?

企業紹介動画とは、企業が自社ブランディングや
事業紹介を目的として作られる動画です。

Youtubeなどの動画コンテンツの発展によって、
企業紹介動画を作成する
会社が増えてきています。

動画だと、視覚的に情報を伝えられるので、
鮮明で正確な情報を伝えられるでしょう。

1-1.企業紹介動画の3つの形

企業紹介動画には3つの形があります。

・会社紹介型
・会社の商品紹介型
・社員インタビュー型

制作する動画の形によって、特徴が異なるので
しっかり把握しておきましょう。

会社紹介【事業説明】

会社紹介型とは、会社のミッション・ビジョンや
事業の紹介がメインとなる動画です。

就活生や転職を考えている人が
よく見る動画になるでしょう。

・会社の概要(歴史や社員数など)
・ミッションやビジョンの説明
・事業領域の説明
・事業内容の詳細を紹介
・福利厚生などの自社制度
・メッセージ(自社に合っている人など)

主に、上記のような流れで紹介する際に
企業紹介動画を作成されることが多いです。

おおよそ動画時間は5分〜30分となっていて、
事業内容などの詳細を
説明すればするほど長くはなります。

企業紹介動画でたくさんの情報を
伝えきってしまうのか、概要だけを伝えて
詳細は担当者と繋ぐなど、
動画に対する戦略は会社によります。

どっちが良いというものでもないので、
目的や伝えたいメッセージによって
異なるので、企業紹介動画の制作を
取り扱っているプロに相談してみましょう。

会社の商品紹介【販促目的】

会社の商品紹介型は、商品の認知を広めるなどの
販促目的で制作されることが多いです。

Youtubeなどで制作過程をストーリーで
伝えている動画もあります。

オンラインでものを購入する機会が増えている
現在では、商品の性能や利用方法などを
動画で伝えることは有効的です。

Youtubeで商品を見て、そのまま
概要欄のリンクから購入出来ます。

動画を使って、商品の認知の獲得から
購買までの動線を作ることも可能です。

社員インタビュー【採用目的】

社員インタビュー型は、社員の実際の
声を取り入れた企業紹介動画です。

働いている社員の様子や社内の
雰囲気を伝える上で有効的です。

「どんな社員がいるのか」
「実際に働いてみてどうか」
「楽しかったこと・辛かったことは」
などをまとめて紹介出来ます。

会社の情報収集をYoutubeやYoutubeショート
などで手軽に行っている人も多いです。

採用目的でインタビュー形式の動画を作る会社が
多いですし、比較的低いコストで制作できるので
参入ハードルは低いでしょう。

2.企業紹介動画を作成する3つのメリット

企業紹介動画を作成する
3つのメリットをご紹介。

・会社の思いを生の声で伝えられる
・商品を視覚的に伝えられる
・人々の記憶に残りやすい

それぞれメリットを把握し、投資する
効果がありそうかどうかの指標にしましょう。

2-1.会社の思いを生の声で伝えられる

企業紹介動画を作ると、会社の思いを生の声で
伝えられるようになります。

特に社長からのメッセージなど、テキストで
ホームページに記載されているよりも、
動画の方が熱意が伝わりやすいでしょう。

テキストでは伝わり切らない、話し方などの
人となりをアピールできるようにもなります。

2-2.商品を視覚的に伝えられる

企業紹介動画の中で、自社が制作している商品を
紹介すると視覚的に伝えられるようになります。

視覚的に伝えられると、商品の魅力が
伝わりやすくなる場合もあるので、
その場で購入ということも可能になります。

また、商品だけでなく、
サービスの場合も同じです。

アニメーションを作成すると、図解などを
使用できより視覚的に理解できます。

2-3.人々の記憶に残りやすい

頭の中に何故か残っているCMが
あるのではないでしょうか?

人の心に刺さる動画を制作することが出来れば、
ブランディングになり頭の中に残りやすいです。

頭の中に残りやすくなれば、Googleなどで
指名検索されるようになり、サイト評価の
向上や購買へ繋がる場合もあります。

類似サービスや商品がたくさんある市場では、
指名検索はファン獲得の観点で有効的です。

企業紹介動画を通したブランディングで
固定客となるファンの獲得に
繋がる場合もあるでしょう。

3.企業紹介動画の成功事例3つ

企業紹介動画の成功事例を3つご紹介。

・NTTコムウェア
・マネーフォワードME
・フォースタートアップス

企業PR動画・アプリ紹介動画・
インタビュー動画と形式は違いますが、
再生回数も多くニーズに刺さった
動画となっています。

3-1.NTTコムウェアの企業PR動画

NTTコムウェアの企業PR動画の
「Managing Value for
Smart World」。

公開から1年で再生回数が
1万4000回を超えています。

ストーリー形式で現状の課題とその課題に対する
アプローチ方法が述べられています。

所々で社員の方々のインタビューも
入っているので、どんな人が働いているのかも
分かる動画となっています。

わずか3分程度の動画ですが、
印象に残りやすい内容で、
途中で飽きない設計になっていますね。

3-2.マネーフォワード MEのアプリ紹介動画

お金の見える化アプリである
「マネーフォワードME」。

この動画はアプリの簡単な使い方の
説明動画になっています。

アプリと動画はそもそも相性が良いですね。

アプリでなくとも、物理的なものでも、
制作の過程からストーリーとして情報を
届けることで、モノの価値に気付いて
購買する人もいます。

テキストでは説明が難しいものを動画で
サクッと端的に説明したい場合も使えますね。

3-3.フォースタートアップス 「GO FOR GROWTH TOGETHER」

フォースタートアップのインタビュー動画の
「GO FOR GROWTH TOGETHER」。

社長の方から社員の方まで様々な方の
声が動画内に詰まっています。

就活生や転職を考えている人に
刺さるように作られています。

社内のメンバーに共感して会社に
興味を持つパターンもあるでしょう。

簡単なインタビュー動画はすぐに作れるので、
まずはインタビュー動画からという
やり方もあります。

4.企業紹介動画の作り方と手順

企業紹介動画の作り方と大まかな手順をご紹介。

・目的を明確にする【コンセプト決め】
・動画を届けたいターゲットを設定する
・動画の構成を決める
・動画の編集を行う
・動画の編集をする

大枠上記の流れで企業紹介動画を
制作していきます。

4-1.目的を明確にする【コンセプト決め】

企業紹介動画の最初のステップは、
動画を制作する目的を整理することです。

企業紹介と言っても、事業内容の紹介なのか、
社員インタビューなのかで
目的は大きく変わります。

1番目的にあった形はどの形式なのか
決めるためにも、しっかりと目的となる
コンセプトの設計を行いましょう。

4-2.動画を届けたいターゲットを設定する

目的が決まったら届けたい
ターゲットを決めます。

ターゲットに分かりやすい動画を
制作をした方が結果にも繋がります。

ターゲットを絞ることで動画に
磨きをかけていきましょう。

4-3.動画の構成を決める

次に動画の構成を決めていきます。

インタビュー動画の場合は、誰が出演するのか
などを決めるフェーズになります。

ここで制作会社に依頼し、動画の構成を
プロに依頼する方法もあるでしょう。

4-3.動画の撮影を行う

ようやくここまで来て、
動画の撮影を行っていきます。

プロに制作を依頼した方が機材などが
揃っているので、高クオリティな動画が
撮れることは間違いなしです。

しかし、Youtubeショートのような動画は
スマートフォンで撮れることもあるので、
必ずしも外注する必要はありません。

求めるクオリティによって判断しましょう。

4-3.動画の編集をする

最後にアイキャッチの作成など、
動画の編集を行っていきます。

アニメーションなどを制作する場合は、
制作会社に依頼することをおすすめします。

しかし、スマートフォンで撮ったような
動画はアプリを使って編集できるので、
目的次第でしょう。

動画作成の具体的なステップを知りたい方は
以下の記事をご覧ください。

5.【まとめ】企業紹介動画は動画制作会社に依頼するのがおすすめ

企業紹介動画は、動画制作会社に
依頼することをおすすめします。

当然、目的によって自社で
作りきってしまうパターンもあります。

しかし、高クオリティでより結果の出るような
動画を制作したい場合は外注した方が良いです。

動画撮影のための機材も揃っていますし、
スタジオのセッティングのなど
細かいことも依頼出来ます。

社内のタスクを増やさずの高クオリティの動画が
制作できる可能性が高いのでおすすめです。

しかし、こだわった企業紹介動画を制作しようと
すると、密なコミュニケーションが必要と
なるので、そこは注意しておきましょう。

動画編集について理解があった方が、
少ないコミュニケーションで済むので、
自社である程度のノウハウを
取りに行くようにはしましょう。

5-1.企業紹介動画を依頼する時の費用

企業紹介動画の依頼をする時の費用は
おおよそ10万円〜100万円となっています。

会社紹介動画・・・10万円程度
商品紹介動画・・・30万円〜
社員インタビュー動画・・・10万円〜

当然ではありますが、クオリティを
上げるほど委託費は増加していきます。

また、委託範囲によっても
金額は異なってきます。

企画から委託するのか、
撮影〜動画編集まで委託するかです。

企画・ディレクションから・・・5万円〜30万円
動画撮影費・・・15万円〜
動画編集費・・・20万円〜
撮影〜編集費・・・30万円〜

予算も考慮しつつ、企業紹介動画の
制作を進めていきましょう。

6.株式会社MOVEDOORの特徴と実績

6-1.株式会社MOVEDOORの特徴

株式会社MOVEDOORは
PR動画制作に力を入れつつも、
広報PR会社として、制作にとどまらない
運用までをご支援しています。

PR動画制作に必要な「動画の撮影」。

また、制作にとどまらずに、
制作後の動画の運用まで
一貫してサポート出来ます。

MOVEDOORのスキル一覧

①広報PR戦略の提案(下記の②〜⑱中で、どんな施策を選び&実行するべきか?)

②ブランディング(ブランドコンセプト策定・デザインコンセプト策定・全デザインのリニューアル・ブランドアクション策定実行)

③紙面広告(ポスティング・新聞折込など)

④各種デザイン(ポスター・チラシ・パンフ・リーフレット・看板・幟・タペストリー・名刺・アパレル・商品パッケージ・シール等)

⑤動画制作&運用(企業紹介動画・サービス紹介動画・採用動画・職場紹介動画・SNS広告用のCM動画・企業イメージムービーなど)

⑥WEBサイト・EC・LP
 制作&運用

⑦WEB広告
(Google広告/ Yahoo広告による
 検索広告&リターゲティング広告等)

⑧SNS運営&SNS広告
(instagram & Twitter & tiktok等)

⑨YOUTUBE運営&
 YOUTUBE広告

⑩タイアップ広告
(YouTuber、SNSのインフルエンサー等をキャスティング&コンテンツ作成&発信、キャラクター&版権利用&施設協賛)

⑪メディア戦略&活用
(WEBメディア・新聞・雑誌等への掲載企画&交渉&コンテンツ作成)

⑫MEO&口コミ対策
(アカウント整備&口コミキャンペーン)

⑬SEO施策
(キーワード選定&ブログ記事作成など)

⑭話題を生みだす広告
(中吊りジャック・社会的メッセージ系の広告・ニュース性のあるアクション企画)

⑮公式LINE
(アカウントデザイン&運用&登録増加施策)

⑯媒体デザイン
(食べログ・じゃらん等のアカウントデザイン)

⑰屋外広告
(看板・電車・中吊り・駅など)

⑱事業開発
(海外展開・ターゲット転換・意味変など)

MOVEDOORへの依頼事例

・商品は良いのに集客ができない

・知ってもらう方法が分からない

・求人サイトで効果が出なかった

・上手く自社ブランドを築けない

・情報発信のやり方が分からない

・集客するターゲットを変えたい

・自社のサービスを話題にしたい

・WEBサイトを作ったまま放置

・WEBサイトデザインがダサい

・WEBサイトの効果が出てない

・デザインがダサい&イケてない

・デザインをオシャレに変えたい

・コロナ禍で、説明会が開けない

・会社&商品を動画で紹介したい

・サイトが見にくい&使いにくい

・企業紹介動画を新しく変えたい

WEBサイトが検索上位に無い

※クリックすると開けます。

6-2.株式会社MOVEDOORの企業紹介動画の制作実績

6-3.予算や依頼内容について

株式会社MOVEDOORでは
お客様の相談をお聞きした上で
予算の範囲内でご希望をどこまで
実現可能か共に考えていきます。

「〜円くらいで企業紹介動画を制作したい」

「企業紹介動画と一緒に
ブランドコンセプトも考えてほしい」

などなどお気軽にご相談ください。