M O V I E

スタジオMOVEDOOR|兵庫県神戸三田の広報PR会社|WEBサイト制作や映像制作も
  1. HOME
  2. MOVIE
  3. 北新地スエヒロ本店④

説明動画

北新地スエヒロ本店④

【元祖しゃぶしゃぶ】
発祥の老舗が教える調理法
by 北新地スエヒロ本店

スエヒロ本店の塩見と申します。

今から、しゃぶしゃぶのつくり方を
ご説明します。

お鍋に水と昆布を入れて沸騰させます。

沸騰したら、お肉を1枚ずつ、
お出汁にくぐらせます。

お肉は冷蔵庫から出して、すぐに使うと、
お出汁との温度差で、
繊維が硬くなります。

舌触りが悪くなるため、
10分前には冷蔵庫から出して、
室温に近づいてから調理してください。

お肉を広げるように、お出汁にくぐらせ、
少しピンク色が残るくらいで取り上げます。

当店自慢の胡麻酢につけて、
お召し上がりください。

薬味には、一味と晒しネギを、
お好みでお入れください。

お肉のお出汁が出たところで、
お野菜を入れます。

この時、お出汁は常に
フツフツと沸いている状態をキープします。

灰汁をこまめに掬いながら、
最後まで透き通ったお出汁で
召し上がって頂くと、〆のおうどんや、
おじやまで、美味しく召し上がれます。

お野菜は火の通りにくいものから入れます。

白菜は下茹でしていますので、
温まる程度で大丈夫です。

椎茸、白ネギ、豆腐など
お好みの具材をお入れください。

三つ葉は煮込まず、
サッと湯にくぐらす程度で、
シャキシャキとした歯応えを
お楽しみください。

お出汁の量が減ってきましたら、
適宜、お湯を加えてください。

具材が少なくなってきたら
お出汁が薄まりすぎないよう、
あまり追い出汁はせずに
〆を作る準備をしましょう。

おうどんは胡麻酢で頂くのも良いですが、
お肉とお野菜の出汁が
たっぷり出たスープもオススメです。

うどんをお鍋でお好みの柔らかさに煮込み、
空のお椀にスープを掬い、
塩コショウと晒しネギで味付けします。

お肉の旨味たっぷりの、
優しいおうどんの出来上がりです。

お肉のお出汁を余すことなく
味わいたい方は、おじやをどうぞ。

しっかり灰汁を取ったお出汁に
塩と醤油で味付けをして、
ごはんをいれ、溶き卵と刻みネギを入れ、
蓋を蒸らしたら完成です。

お好みで、刻み海苔をかけて
お召し上がりください。

説明は以上になります。

ごゆっくりお楽しみください。