M O V I E

  1. HOME
  2. MOVIE
  3. We are Studio MOVEDOOR

自社動画

We are Studio MOVEDOOR

スタジオMOVEDOORは
「広報PRで事業成長を実現する」ことを
ミッションに掲げる"広報PR会社"です。

制作物を売る制作会社や
広告枠を売る広告代理店とは異なります。

広報PRのトータルコーディネートを強みに
成功と変化を売る広報PR会社です。

課題発見と広報戦略構築から
革新的なデザインや映像制作
そして顧客へ届ける広告まで

一貫して、全ての責任を担います。

宣伝集客、人材採用、ブランド力の向上、
この3つの悩みと課題を解決に導きます。

こちらが、我々の持つスキルや施策です。

ここで広報の失敗パターンを3つ紹介します。

一つ目は、
戦略不足による広報予算の「無駄遣い」

動画や紙面デザインなど、
1つの分野に特化した制作会社が
ベストな広報戦略を提案することは困難です。

例えば、映像制作会社であれば
「高齢者向けには新聞広告が最適です」とは
口が裂けても、提案できません。

そんなことを言えば仕事を失います。

明確な戦略や使い道が無ければ、
制作は効果を発揮せず、
予算の無駄使いになります。

動画をつくったのに見られない。
チラシを配っても集客できない。

こんなケースは多く存在します。

二つ目は、

分析や検証が無く「効果が不明」
制作会社の構造は、納品した制作に対して
対価を受け取ることで成り立ちます。

そのため、制作物の使い道や
集客の効果検証に責任が生じることは
ほとんどありません。だからこそ、

効果が検証されないケースが多く存在します。

三つ目は、
数多い委託先との「連絡が負担」 

映像はA社、デザインはB社、広報はC社と
複数社に依頼することで、想像以上に
コミュニケーションコストが発生します。

各社に、企業のコンセプトをシェアして
各社に、制作へのフィードバックを行い
各社の、進捗管理を行う。

やるべきことは山積み。

広報担当者の負担は計り知れません。

これら3つの失敗を全て解決するのが、
MOVEDOORです。

戦略から発信、効果検証を全て依頼すれば、
無駄なコミュニケーションは削減され、
広報担当者は空いた時間で、
生産性の高い仕事にコミットできます。

広報戦略を持って制作するデザインは
その活用方法も明確です。

WEBサイトや動画、デザイン等が
一貫したコンセプトで仕上がるため
ブランド力の向上に繋がります。

我々は顧客のビジョンや戦略を理解して
結果に責任を持って、制作にあたります。

広報予算が無駄になる心配はありません。

制作会社から広報PR会社へ。
求められるゴールは「納品」ではなく、
圧倒的な「結果」です。

そんな我々の特徴を2つ紹介します。

一つ目は、
完全オーダーメイドプランの提案

通常2〜3週間かけて、
ご依頼の業界を徹底的に分析します。
業界から一歩引いた第3者の目線で、

競合他社やターゲーティングを検証して、
完全オーダーメイドの広報PR戦略と、
年間スケジュールを提案します。

二つ目は、
外部クリエイターとの連携

我々は広報PRのスキルを得るため
血の滲む努力をしています。

それだけでなく、特定の分野において
高い専門性を持つ、外部クリエイターと共に
チームをつくり、さらなる成果を発揮します。

お客様のコンセプトや業界に
最適なクリエイターを集める
キャスティング力があります。

また、クリエイターと目標を共有し
熱量とパフォーマンスを最大化する
マネジメント能力を磨いてきました。

三つ目は、
効果検証を次の施策に反映すること。

我々は単発の売切型ビジネスではなく、
1年近くのパートナー契約を結びます。

そのため効果検証を行う十分な時間と
次の施策に繋げる、柔軟性があります。

得られたデータは必ず改善に繋げます。

私たちは変化の時代を生きている。
機能や価格で差別化する時代は終わりを迎え、
クリエイティブの力が必要とされている。

どの店の料理も美味しく
不良品や粗悪な商品は、
口コミによって淘汰される。

差別化が、非常に難しい。
そんな変化の時代を生きています。

ただ、こうした時代だからこそ、
見えてきた「新しい光」もあります。

企業のビジョン、商品開発のストーリー
企業で働く「人」「こだわり」への共感

今まで光が当たらなかった企業の「核」に
ふれることで、私たちは感動し、
消費行動を起こします。

その企業が何を想い、何を目指すのか。
企業のストーリーを多くの人に届ける。

新たなクリエイティブが求められています。
一体どうやって?

その問いの先に、MOVEDOORの
ミッションがあります。

広報PRで事業成長を実現する。
クリエイターが事業成長に責任を持ち、
クライアントと共に喜びを分かち合う。

これから出会う企業の皆様が、
変化の時代を軽やかに、
駆け抜けていけるように。

挑戦と変化を望む全ての企業のために
我々はより一層、課題解決と目標達成、

新たな機会創出の貢献に、
全力を尽くしていきます。