ブログのサムネの大画面

肉の直販・卸売

株式会社丸優

株式会社丸優

兵庫県三田にある「三田屋総本家」と「株式会社
丸優」様の広報PRを担当させていただきました。

同社は、卸売を主とする受注生産型食肉加工製造。
その衛生基準と品質は、厳格な基準が求められる
病院や学校給食の現場でも高く評価されています。

また「3時間にかける最高鮮度」をコンセプトに
毎週土曜日の13時〜16時限定で新鮮な食肉を
販売する「肉のジャンボ市」は大盛況しています。

冷凍は品質低下させないプロトン冷凍技術を採用。
また、肉牛の生産から加工まで一貫化することで、
流通コストを削減。高品質&低価格を実現します。

そんな同社に弊社が取り組んだ施策を紹介します。

1.価値ある受け皿の構築

コーポレートサイトは丸優のブランドイメージを
高めるため。ECサイトは、購入希望者にとって
利便性の高いデザインになる様にご提案しました。

①丸優ブランディングホームページ

本サイトの目的として、ブランドイメージ強化と
「肉のジャンボ市」の幅広い認知を目指しました。

それらの目的を達成するために、
・ジャンボ市とは
・丸優のこだわり
(全て一体・牛・撰・育・肉・熟)
・店舗案内
・アクセス
・会社概要
・オンラインショップ
を各カテゴリーに設置いたしました。

これまでの契約実績や歴史を端的に伝えることで
ブランドイメージを高めながら、卸の枠を超えた
新規ターゲット(一般消費者)へ訴求を促します。


②丸優ECサイト IENIKU

「三田市までは遠すぎて買いに行けない」
「平日でもジャンボ市のお肉を買いたい」
そんなお客様の声を実現したECサイト
「IENIKU」を新たに開設しました。

サイトコンセプトは「お家でジャンボ市」

自宅にいながら、ジャンボ市でお肉を選ぶ
感覚を味わえるECサイトを目指しました。

・購入履歴からの再注文
・D-quality
・カテゴリ別の注文
などを導入して、幅広い年代にアプローチ。

従来のFAX注文の課題(集計手間など)を解消
することで顧客と店舗双方の利便性を追求します。

③社長による特別な品 D-quality

④ WEBカタログ

本案件では、実現まで至りませんでしたが、
オリジナルのシステムを活用した
WEBカタログの導入も可能です。

ECサイト「IENIKU」の販路拡大や
購買方法の多様化を目指して、WEB版の
カタログデザイン・導入準備を進めました。

⑤三田屋総本家ブランディングホームページ

贈答用の商品を中心とした加工食品を展開する
ブランド「三田屋総本家」のこだわりの逸品を
・ハム
・ドレッシング
・ハンバーグ
・コロッケ
4つのカテゴリに分類して、素材や
製法の詳細を丁寧に紹介しています。

長い歴史を持った、三田屋総本家ならではの
伝統ある風格をデザインに落とし込みました。

⑤三田屋総本家ECサイトリニューアル

サイトのコンセプトは商品を
買い求めやすいデザインです。

商品数はそのままに、オススメの商品が
一目で分かる見やすいレイアウトを採用。

年配の方も購入しやすいよう大きな文字・
シンプルな会計フローをご提案しました。

2. 永続的な集客

グーグル検索への対策・他メディアへの掲載も
活用した、長期的な集客施策もご提案しました。

① SEO対策

GoogleやYahoo!の検索エンジンを
利用するユーザーの多くは、自分の悩みや課題
質問に対する、「答えや情報」を求めています。

検索キーワードへの強い関心を持った
顕在層へ的確にアプローチすることで、
購入をふくめた、能動的な行動が期待できます。

実施したSEO対策の一例

・Google analyticsの開設
 &アカウント設定業務
・Googletagmanageの
アカウント開設&設定業務
・SSL化
 (HTTPS化・301リダイレクト)
・全ページのタイトル・
 ディスクリプション設定&記入
・見出しタグの設定<h1>〜<h6>
・alt属性の設定(画像の内容設定)
・パンくずリストの設定
・外部サイトへのリンク
・画像の圧縮・軽量化
・サイト表示速度を早めるプラグイン導入
・不要なプラグインの削除
・AllinOneSEOPackの情報整備


② MEO対策

Googleマップの利用ユーザーは目的意識が
高い傾向にあるため、MEOは売上に直結します。

人工知能を活用したキーワード分析を活用して
効率的にカテゴリー内の上位表示を実現します。

企業情報や魅力が、ユーザーに正しく
伝わるように写真や文章の情報を整備。

サイトリンク&メニューを掲載したり
口コミを誘導するキャンペーンを企画した結果、
・クチコミ数488件
・口コミ評価「平均4.6」を獲得して、
肉屋のカテゴリーで1位を獲得しました。

③ Googleマップ(3D表示)

Googleマップの中で消費者にジャンボ市の
様子を伝えるために、360度カメラでお客様が
入る前のジャンボ市の販売所を撮影いたしました。

360度ビューはGoogleマイビジネスでの
評価を⾼め、検索による上位表示を期待できます。
ユーザーが店舗&サービス等をイメージできます。

④ Google広告

Googleの検索ユーザー・顕在層を丸優の
オンラインショップまで誘導することを目的に
リスティング広告(検索広告)を実施しました。

リスティング広告とは?

検索エンジンで検索したキーワードに関連した
WEBサイトを検索結果に表示できる広告です。

検索キーワードに対して、強いニーズを持った
ユーザーへの効率的なアプローチを実現します。

例)キーワード
肌荒れ 乾燥肌→美容商品の広告を表示

⑤ 食べログ

飲食店情報サイトとして圧倒的な掲載数を誇る
食べログは、飲食店集客に欠かせない存在です。

「口コミ数」と「点数」をさらに強化するため、
文章・写真・カテゴリー・メニューなどを整備。

ページの内容を充実させることで、ユーザーの
利便性向上に繋げて、口コミの投稿を促します。

⑥ 地域メディアへの掲載交渉

兵庫県三田市内で影響力・集客力を持った
ローカルメディアに掲載交渉を行いました。

ジャンボ市・IENIKUオンラインショップ
など一般消費者向けの話題を取り扱った記事を
https://www.sandabiyori.com/p31035/#index_id6」様
https://sandanoumesan.com/archives/12594」様
の2種類のメディアに掲載を企画いたしました。

「さんだびより」

参照:https://www.sandabiyori.com/p31035/#index_id6

「三田の梅さん 三田市ポータル」

参照:https://sandanoumesan.com/archives/12594

3. ファンの構築

SNSや自社メディアによるこだわりの発信は
ブランド力の向上やファンの増加に繋がります。

弊社の強みでもある動画を活用することで、
IPT(時間に対する情報提供の濃度)を
最大限まで高めることを目的としています。

① まるゆうTUBE(肉翻訳)

Googleが運営を手がけるYouTube
ネット検索の結果にも表示されやすくなります。

そこで、株式会社丸優の公式チャンネルである
「まるゆうTUBE(肉翻訳)」を始めました。

肉の常識を覆すことをコンセプトに
・「スタンディングロースト」
・「カルビ de ビフカツ」
など、スタッフが本気でオススメできる絶品の
肉レシピを公開するほか、丸優の伝統と技術を
次世代へ受け継ぐことを目的とした社員向けの
教育動画の配信など、幅広く取り組んでいます。



撮影した映像はジャンボ市のイベント会場でも
流すことで、来場者の購買意欲をより促します。

年末ジャンボ市の動画撮影



年1度の一大イベント「年末ジャンボ市」の
プロモーション動画も撮影&編集しています。

② 肉メディア「Let’s追求the牛肉」

株式会社丸優の代表取締役・廣岡誠道さんの
モットーである「肉の声を訊く」をテーマに
肉に特化した、新しいWEBメディアを展開。

丸優のブランディングの向上とECサイトや
YouTubeチャンネルの周知等を目的に、
肉に対する向き合い方や日々の気づきを綴る
「食べるエッセイ」の連載を開始しています。

③ まるゆうInstagram
「肉の学校」

今やインスタのユーザーはマス顧客です。
潜在・顕在層の双方にアプローチできる
ハッシュタグを積極的に活用しています。

肉の学校をテーマに部位の説明・買い方
肉の生産加工の仕組みを発信したところ、
アカウント開始から、わずか3ヶ月程で
フォロワーが1650人を達成しました。

実施した施策の一例

・投稿テーマ企画考案
・タイトル&記事作成
・ハッシュタグの作成
・いいね!ファローなどのアクション
・ショップ機能の追加
・ECサイトとの連携
・動画撮影&編集(ショートムービ含む)

④ TikTok

20代〜40代の1人暮らしから主婦層まで広い
ユーザーをターゲットにしたTikTokも開設。
肉の知識や肉の映えるコンテンツを発信してます。

4. 実店舗・その他ブランディングデザイン

その他にも、のぼり・グッズ・配布チラシなど
ジャンボ市のトータルデザインを実施しました。

① ブランドロゴデザイン

ブランドのイメージを高めるロゴデザインを作成。
SNSアイコンへの使用・グッズ展開を見据えた
印象に残せる象徴的なデザインをご提案しました。

② ジャンボ市のぼり

ジャンボ市当日の雰囲気をより盛り上げる
3種類各5本の「幟」を作成いたしました。

③ IENIKUチラシ

ジャンボ市の来場者に向けて、ECである
「IENIKU」のチラシを配布しました。

ECサイトの利用手順がわかる説明を
記載することで購買率向上を図ります。

④ ジャンボ市ポスティングチラシ 

ジャンボ市のことをまだ知らない人や
最近、ジャンボ市を訪れていない人に
向けて、イベント案内のチラシを作成。

三田ニュータウン〜神戸北エリアまで
合計8000万部をポスティングして
来場者の増加・認知向上を図りました。

⑤ IENIKUポスティングチラシ

ジャンボ市のチラシと並行でECサイト
「IENIKU」の案内用チラシを作成。

三田ニュータウンから神戸北エリアまで
5000万部をポスティングしたところ
100名以上の新規会員を獲得しました。

カレーの無料プレゼントキャンペーン等
独自のキャンペーン施策も実施しました。

⑥ 新鮮凍封ロゴデザイン

旨み成分の流出を防ぐ、プロトン冷凍技術を
採用した「新鮮凍封」のロゴデザインを担当。
こちらも、シールとして商品化を行いました。

⑦ グッズデザイン

社内のブランディングと士気向上を目的に
丸優のロゴ入りマスクをデザインしました。

⑧ まるゆうイラスト5種類

視聴者に親近感を持ってもらえるように
肉メディアのQ&A・SNSで使用する
アイコン用イラストをデザインしました。

丸優スタッフの似顔絵を採用して、
インスタやブログではば広く活用
いただけるようにご提案しました。

広報PRで事業成長を実現する

我々、スタジオMOVEDOORは
「広報PRで事業成長を実現する」
ことを事業ミッションに掲げており

課題発見と広報戦略構築から
革新的なデザインや映像制作
そして顧客へ届ける広告まで
一貫して、全ての責任を担います。

ただ、制作を売ってる制作会社や
広告枠を売る広告代理店とは違い
・ビジョンの共有
・統一感と一貫性
・円滑な対話による効率化
・効果検証を改善に繋げる
ことを通して、企業の広報PRパートナーとして
お客様と伴走し、確実な事業成長をお約束します。

広報PRのトータルプロデュースなら、
ぜひ、弊社までお問い合わせください。